Pocket

精進落としとは?

瓜破斎場 精進落とし

 

精進落とし(しょうじんおとし)とは、寺社巡礼・祭礼・神事など、精進潔斎が必要な行事が終わった後に、肉・酒の摂取や異性との交わりを再開したり、親類に不幸があって通常の食事を断って精進料理を摂っていた人が、四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻すことなどを言う。wiki引用

亡くなった方の喪に服し、

初七日の間は精進料理を食べた習わしからきています。

 

忌明けの食事として、

初七日法要の後に料理をいただく事を

精進落としと言います。

 

 

現代では、遠方から親族が何度も来ることがないように、

葬儀の日に初七日法要を合わせて行う事が多くなりました。

 

『繰上初七日』とも言います。

 

その後、お世話になった僧侶やお手伝いしていただいた人への

感謝の気持ちの表れとして遺族が接待します。

 

地域によっては

ご近所の方が集まって

料理を作ることもあります。

 

昔は、公民館などでお通夜・葬儀を行ったので

地域の方がお手伝いをしてくれてました。

 

現在では

家族葬が主流になっているので

精進落としも家族・親族だけで

行うことも少なくありません。

 

葬儀後に、精進落としの会場などの

ご相談も受け付けています。

 

合わせてご相談下さい。

 

 

24時間相談可能。直葬198プラン。家族葬350プラン。

葬儀、お迎えの車・火葬場の申し込みやお問い合わせは下記から 24時間安心相談 葬儀後の納骨や相続相談など全て無料相談サポート

瓜破斎場 家族葬

0120-66-5942

瓜破斎場TOPへもどる