Pocket

後飾りとは? 瓜破斎場 後飾り

『後飾り祭壇(あとかざりさいだん)』ともいいます。

中陰壇とも言われています。

葬儀が終わり満中陰法要・四十九日法要まで飾っておく祭壇の事を指します。

ご遺骨、遺影、香炉、線香、燭台、お供えの花やお供え物を飾ります。

仏壇がある家は、仏壇の前に飾ります。

ない場合は、部屋の北か西に置くことが多いようです。

 

満中陰・四十九日までは

毎日ろうそくで灯りをともし

お線香を絶やさないようにします。

 

お通夜・葬儀に参列できなかった方が

ご自宅に弔問された場合は

あと飾り壇で礼拝して貰います。

満中陰法要・四十九日法要の時に、本位牌をお仏壇に。
遺骨はお墓などに納骨する人が多いです。

お仏壇は新しい仏壇であれば、

開眼供養を満中陰法要・四十九日法要と一緒にして貰う家庭も多いようです。
後飾りは燃えるゴミとして処分しても大丈夫です。

処分は気になるようでしたら、

購入したお仏壇店や葬儀をして貰った葬儀社にお願いをして、

合同供養のお焚き上げをして貰える事も少なくありません。

後飾り祭壇の飾り方 一やムキに対しては、これといった決まりはないようです。
生活の邪魔にならない場所で、毎日目に付く所が良いでしょう。

神棚の下は避けた方が良いとも言われています。
遺骨や遺影、位牌なども順番等は決まりはありません。
ロウソク・線香の火の元だけ注意しましょう。

 

仏式と神式では飾り方が変わります。

 

神道・神式の場合には、
仏教とは少し異なり、
後飾りに白い布を
使用しないことも
あるようです。

代わりに白木で造られた
八足の壇を使用するようですね。

八足の壇を用いた場合には、
火葬が終わり、
帰ってきてから、
帰家祭を営むための
仮霊舎という壇を用意します。

そして、真ん中に
遺影や遺骨であったり、
仏教の位牌と同じ意味となる
霊璽(れいじ)や、
お供え物として洗米と水、塩、灯明などを
飾っていきます。

神式 あと飾り壇

瓜破斎場TOPへもどる