「葬儀用語」の記事一覧

葬儀用語解説 永代供養|瓜破斎場

葬儀用語
永代供養墓 納骨堂

永代供養とは ご遺骨を寺院が永代にわたってご供養と管理をして貰える形態の事を指します。 現代事情で、『お墓を継ぐ人がいない』『自分のお墓の事で家族に負担をかけたくない』など。 費用面や交通アクセスの面で永代供養を考える人・・・

葬儀用語解説 精進落とし|瓜破斎場

葬儀用語
精進落とし

精進落としとは?   精進落とし(しょうじんおとし)とは、寺社巡礼・祭礼・神事など、精進潔斎が必要な行事が終わった後に、肉・酒の摂取や異性との交わりを再開したり、親類に不幸があって通常の食事を断って精進料理を摂っていた人・・・

葬儀用語解説 後飾り|瓜破斎場

葬儀用語
あと飾り

後飾りとは? 『後飾り祭壇(あとかざりさいだん)』ともいいます。 中陰壇とも言われています。 葬儀が終わり満中陰法要・四十九日法要まで飾っておく祭壇の事を指します。 ご遺骨、遺影、香炉、線香、燭台、お供えの花やお供え物を・・・

葬儀用語解説 白木位牌|瓜破斎場

葬儀用語
白木位牌

白木位牌とは 白木位牌は四十九日法要までの間、 『本位牌』の代わりに祀る位牌の事を指します。 仮位牌とも言います。   野位牌ともいわれています。 野辺送りの時に喪主がもっていくことが 名前の由縁です。 &nb・・・

葬儀用語解説 枕かざり|瓜破斎場

葬儀用語
枕かざり6

枕かざりとは 枕かざり ご遺体に添う位置に飾る祭壇の事を指します。 葬儀社が用意してくれます。 (プランによっては入っていない場合もあります。) お通夜までの間、 故人様を祀る意味があります。    ・・・

ページの先頭へ