Pocket

葬儀の内容を遺言する

自分らしい葬儀を家族にしてほしい。

自分らしい葬儀 瓜破斎場

残された家族が困らないように

葬儀や死後の手続きなどについて

指示を残しておきたい。

 

そう考える人が増えています。

 

そこで、

葬儀などの希望を書いた

「エンディングノート」

あるいは

「葬儀のための遺言」を

残しておくと便利です。

エンディングノート

そして、

書いたことと置いた場所を

家族に伝えておきましょう。

 

ただし、

「葬儀のための遺言」には

法的拘束力がないので、

必ずしも思いどおりの葬儀を

行ってもらえるという保証にはなりません。

 

 

内容は具体的に

「葬儀のための遺言」は、

葬儀の形 式や進行など、

項目ごとに整浬して具体的に書きます。

 

たとえば、「簡単に」や

「好きな音楽を流して」と書かれていても、

遺族にはどの程度簡単にしたらいいのか、

好きな音楽といっても、

どの曲がいいのか、

わかりにくいでしょう。

自由葬

希望する費用や音楽、

手順などを、細かく、

わかりやすく書いておきます。

 

また、遺影用に使ってもらいたい写真も用意し、

その遺言と一緒にしておくとよいでしょう。

 

葬儀のことだけでなく、

自分が死んだときに連絡してほしい人や、

金銭、物品の貸し借り等も記録してあると、

遺族の事務的な手聞が軽減されます。

 

記入方法は、

パソコンの場合、

遺言を記したファイルが

どこに保存してあるのかがわかりにくく、

ディスクトラブル等で

文書がなくなってしまう恐れもあります。

 

また、第三者に改ざんされる

危険性がないとも限りません。

 

直筆のノートが望ましいでしょう。

 

エンディングノートも、

「葬儀のための遺言」と

同じような役割を果たします。

 

関連記事

瓜破斎場 家族葬

 

瓜破斎場TOPへもどる