Pocket

忌明けのころに形見分けを行う

故人の愛用品や衣類などを、

近親者や親しかった友人に分けることを

「形見分け」といいます。

形見分け 瓜破斎場

仏式は四十九日の忌明け、

神道は五十日祭、

キリスト教式は亡くなってから1か月後の

追悼ミサや記念会に行うのが一般的です。

 

形見分けの品は、衣類、

装飾品、時計、万年筆、

蔵書、趣味用品などです。

形見分け 瓜破斎場

 

傷みが激しいものやあまりにも安価なものは、

相手に失礼なので避けましょう。

 

衣類はクリーニングに出すなど、

きちんと手入れして渡すことも大切です。

 

なお、時価60万円以上の高価な品物になると、

贈与税が課せられることがあるので

注意が必要です。

 

受け取ってもらえるか前もって連絡を

だれに何を渡すのか故人の遺言があれば、

それに従いますが、

遺言がない場合は、

相手に喜んでもらえそうなものを

選んで渡します。

 

迷ったときは、

いくつかの候補の中から

選んでもらうのもよい方法です。

 

また、故人を思い出してつらくなるなどの理由から、

形見分けを遠慮する人もいます。

 

無理に押しつけることのないように、

前もって受け取ってもらえるか、

相手に確認しておきましょう。

 

なお、

故人より目上の人には

形見分けをしないものですが、

希望があった場合は贈ってもかまいません。

 

 

Q&A

形見分けの品物はきれいに包装したほうがよいですか?

 

形見分けの品物は通常の贈り物とはちがうので、

包装紙などに包まないで、

そのまま渡すのがしきたりです。

 

品物がどんなものかわかるので、

相手も安心して受け取ることができます。

 

その品物にまつわるエピソードなども

伝えるとより思い出深いものになるでしょう。

 

また、相手が自分に不向きだと感じた場合、

「私にはもったいない品で、いただくわけにはいきません」

などと断られることも。

 

 

その場合は、無理に押しつけないようにします。

 

瓜破斎場TOPへ