Pocket

仏式の法要に当たる霊祭

仏式の法要に当たるものを、

神式では霊祭といいます。

霊祭の中で、葬場祭(仏式の葬儀に当たる)後、

最も早く行われるのが翌日祭で、

名前のとおり葬儀の翌日に行われます。

葬場祭(神式の葬儀)

以前は墓前や自宅で行われていましたが、

現在では内輪だけで拝礼するか、

省略されることがほとんどです。

 

その後の霊祭は十日祭、二十日祭、

そして五十日祭まで、日日おきにあります。

 

これらの日には、

故人の好きなものを神前に供えてお参りします。

ただし近年は二十日祭と四十日祭は省略されることが多いようです。

 

神式での忌明けは五十日祭

特に死後日日目に行われる五十日祭では、

お墓に親族や知人・友人を集め、

神官を呼んで献鰻や祭調奏上、

玉串奉莫などの神事を行います。

 

次は百日祭、そして一年祭と続きます。

いずれも、五十日祭のときのように親族や知人・友人を集め、

神宮を呼んで神事を行います。

 

神式では、本来忌明けに当たるのは一年祭でした。

 

しかし最近は五十日祭をもって思明けにする場合が多く、

現在ではこちらのほうが一般的です。

 

そのため五十日祭を行う際には、

奏楽を依頼して壮大に行われることが少なくありません。

 

葬場祭に参列してくれた人へのお返しや礼状は、

これを機に送りましょう。

 

忌明け後に行うこと

忌明けしたら、翌日に清蹴の儀を行います。

これは葬儀の際に神棚や御霊舎(仏式の仏壇に当たるもの)に張った白紙をはがす儀式です。

最近は忌明けの主祭の日に、

合間祭と合わせて行われることが多くなりました。

 

ちなみに合杷祭とは、

それまで仮御霊舎に紀ってあった故人の霊璽を御霊舎に移し、

祖先の霊と一緒に杷ることをいいます。

 

年単位で行われる式年祭

霊祭は一年祭のあと、

二年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続き、

その後は十年ごとに五十年祭まで続きます。

 

その先は百年ごとに霊祭が行われます。

 

このような年単位で行われる霊祭を式年祭といいます。

 

普通、式年祭が行われるのは五十年祭まで、

中でも一年祭、三年祭、五年祭、十年祭の四つの式年祭は、

盛大に催されます。

 

霊祭の場所とおもてなし

神道では死は不浄とされているので、

聖域である神社で霊祭を行うことはありません。

 

百日祭までは墓前祭ともいわれ、

墓前で行うのが正式です。

 

雨天の場合や大勢集まるときには自宅や斎場などで行ってもいいことになっています。

十日祭のときに埋葬がすんでいない場合は、

墓前ではなく自宅で行います。

 

一年祭以降の霊祭は自宅で行うのが普通です。

霊祭を終えたあとは直会として、

酒食でもてなします。

 

喪家で調理したものは出せません。

 

瓜破斎場TOPへもどる