Pocket

仏壇に相当する御霊舎

神棚は、仏壇のある家にもあります。

 

つまり、神棚は、

天照大神や氏神を杷る神殿のことで、

人間の魂を肥ったものではありません。

 

神道で仏壇に相当するものは御霊舎といい、

故人の霊は祖霊に加わって家の守護神となり、

子孫を守るといわれています。

 

祀る場所

新たに御霊舎を購入する場合は、

五十日祭までに準備します。

御霊舎

購入したら、

神社に依頼してお祓いしてもらいます。

 

御霊舎には、

仏教の位牌に当たる霊璽(木主)を納めます。

 

智正璽には霊号(戒名に当たる)が書き入れられています。

 

また、神鏡も納めます(先祖の霊が宿るとされる) 。

 

神棚や御霊舎は、一般に、

神棚は座敷、

御霊舎は居間(家族が身近に感じられるところ)

に杷ることが多いようです。

 

ただし、スペースの関係上、

同じ部屋に把るときは、

神棚と御霊舎が向き合わないように注意しましょう。

 

また、神棚よりも御霊舎のほうが若干低い位置になるようにします。

向きは南向きか東向きにします。

 

また、仏壇とは違って、

目の高さよりも上に置きます。

 

鴨居などを利用して棚を造り、

安置するとよいでしょう。

 

棚がない場合は、

タンスの上などに置きます。

 

日々の供養

神式も、仏式と同様、

毎日の拝礼を欠かさないようにしたいものです。

神棚と御霊舎、両方がある場合は、
神棚、御霊舎の順に礼拝します。

 

一般的には、次のように行います。

①朝食前に、洗面をし、口をすすぎ、手を洗って身を清める。

②榊の水を取り替え、神灯をともして、神僕(洗米、塩、水)を供える。神僕は夕方には下ろす。

③二拝二拍手(2回、柏手を打つ)一拝で礼拝する。本格的には祝詞を奏上する。

 

関連記事

瓜破斎場 家族葬

 

瓜破斎場TOPへもどる