Pocket

墓所の永代使用権を得る

我が国では、墓地埋葬法により、

墓地以外の場所に埋葬することはできません。

 

それに違反すると、

死体遺棄罪として罰せられることもあります。

 

そこで、私たちは墓地にお墓を造るために、

区画された土地の一部(墓所)を買うことになります。

 

正確には、

「墓所の永代使用権を取得」します。

 

土地の所有権はあくまでも墓地を管理・運営する寺院や自治体、

法人にあります。

 

永代使用権とは

墓地利用者は契約時に、

墓地の使用料として永代使用料を支払います。

 

これを完納すると墓地の使用許可証が交付されます。

 

購入後は管理料を支払っていきますが、

これが滞ると使用権が消滅することがあります。

 

また、永代使用権には期限がなく、

代々継承できますが、

承継者がいない場合は権利が消滅します。

 

ちなみに第三者への譲渡は禁止されています。

 

墓地は大きく分けて3種類

墓地は、経営形態や特徴などから

大きく三つに分けられます。

 

寺院墓地

宗教法人である寺院が管理、

運営する墓地です。

利用できるのは檀家

(寺院の経営、維持に協力する役目を担い、お布施をする家)に限られ、

寺院の宗旨・宗派に従います。

 

お墓の承継者がいなくなったときは、

永代供養をしてもらえます。

 

近年は永代供養墓を設置する寺院も増え、

檀家にならないで寺院の墓地に墓を持つケースもあります。

 

公営墓地(霊園)

各都道府県や市区町村などの自治体が管理・運営するため、

宗教・宗派は問われません。

 

ただし、

現住所が申し込み市町村(または都道府県)にあること、

遺骨が手元にあることなど、

申し込み資格が定められている場合もあります。

 

民営墓地(霊園)

民間企業や財団・宗教法人などが管理・運営し、

宗教・宗派を問わないところがほとんど。

 

瓜破霊園は公営の霊園です。

瓜破霊園

生前でも購入できます。

 

最近は永代供養墓を併設するところも増えています。

瓜破斎場TOPへもどる