Pocket

本尊と位牌

仏壇の構成のしかたは、

宗派によって異なるので、

菩提寺や仏壇・仏具店に確認します。

 

仏壇の中心にあるのが本尊(仏や菩薩のこと)です。

 

本尊は菩提寺(檀那寺、檀家となっている寺)の宗派によって異なります。

各宗派 本尊

本尊を安置する場所(聖域) は須弥壇といい 、

仏壇はこれを中心に構成されています。

 

須弥壇は、仏教でいわれる、

世界の中央にそびえる山、

須弥山を意味しています。

 

位牌は、葬儀のときに白木の位牌を使用しますが、

四十九日(忌明け)まで祭壇に杷り、

納骨がすんだら菩提寺に納めます。

 

そして、仏壇には本位牌(塗り位牌)を納めます。

本位牌は、仏壇・仏具店に依頼してつくってもらいます。

 

表に戒名、裏には没年月日、俗名、享年を入れます。

手元に届くまでに凶日くらいかかるので注意しましょう。

 

なお、浄土真宗の場合は位牌を作りません。

法名軸か過去帳に法名や没年月日等を記します。

 

仏壇に置く仏具

仏壇には、本尊、位牌などのほかに過去帳や仏具を起きます。

宗派によって飾り方は違います。

 

仏壇の祀り方と供養のしかた

開眼供養

新しく購入した仏壇は、

そのままではただの棚にすぎません。

 

そこで、お墓と同じように、購入したら、

本尊、位牌、そして仏具を揃え、

僧侶を招いて開眼供養(入仏式、魂入れ)を行います。

開眼供養

これにより初めて礼拝の対象となります。

 

四十九日や一周忌などに合わせて揃えた場合は、

その法要と同じ日に開眼供養を行い、

続いて法要を行います。

 

お寺で法要を行う場合は、

本尊と位牌を持参し、

開眼供養をしてもらい、

それを持ち帰って仏壇に安置し、

線香を上げます。

 

仏式の日々の供養

仏壇には、毎日1回は手を合わせ、
礼拝するようにしたいものです。

一般的には次のように礼拝します。

①朝食前に、内部を整える。マッチ棒や線香の灰などを掃除し、生花が枯れていたら取り替える。
②朝食前に仏飯、お茶、花を供える。ご飯とお茶は午前中に下げておく。
③ ろうそくを灯し、線香を上げる。
④仏壇に向かい、合掌礼拝する。できれば読経も。鈴は、読経の始まりに打つもの。
⑤礼拝が終わったらろうそくの火を消す。
⑥夜は仏壇の扉を閉めておく。

 

そのほか、次のようなことに気を配りましょう。
●お客様からの頂きものや季節の初物は、まず仏壇に供える。
●帰省などしたときは、まず仏壇に手を合わせる。

 

瓜破斎場TOPへもどる