Pocket

カトリックとプロテスタント

仏式の法要に当たるものとしては、

カトリックでは追悼ミサ、

プロテスタントでは記念式があります。

 

ただ、どちらも特に決まった儀式はありません。

 

また、仏式や神式の忌明けにあたるものもありあません。

 

近年は初七日や七七日(四十九日)などの

仏式の法要に合わせて追悼式を行うこともあります。

キリスト教 ミサ

カトリックの場合

教会で行う追悼ミサ

カトリックの追悼ミサは、

死後3日目、7日目、30日目に行いますが

最近は3日目、7日目は行わないことが多いようです。

 

さらに1年後の命日「召天記念日」に追悼ミサを行います。

 

その後は叩年目、初年目といった区切りの年に、

盛大に行うことがあります。

 

ミサは教会で行い、遺族や親戚のほか、

知人や友人などを招きます。

 

内容は、聖歌合唱や祈祷、神父による説教が中心です。

 

ミサが終わったあとには、教会の別室や自宅などで、

茶話会を催して参列者をもてなすのが一般的です。

 

 

謝礼と記念献金

教会で追悼ミサを行った場合、

謝礼として献金をします。

寄付の意味合いが強いので金額の基準はありません。

金封に「ミサ謝礼」などと表書きして包みます。

また神父個人に対しては表書きを「お礼」とし、

自宅などへ足を運んでもらった場合は

「お車代」も包みます。

キリスト教 教会

プロテスタントの場合

自宅や教会で記念式

プロテスタントの記念式は、

亡くなって1か月後に、

親戚や知人・友人を招き、

自宅や教会で記念の集会を聞きます。

 

その後は1年目、3年目、7年目の召天記念日など、

適宜、追悼の記念集会を聞きます。

 

自宅で行う場合は、祭壇を作り、遺影と花を飾ります。

 

教会、自宅、どちらで行う場合も、

終了後は追悼のための茶話会を開きます。

 

なお教会で行う場合は、

教会の伝道集会と兼ねた形で行うことが多いようです。

 

記念式と記念献金

牧師を招いたり、

教会で集会を行った場合は謝礼として献金をします。

 

カトリックと同様に寄付の意味合いが強いので、

金額の基準はありません。

 

金封の表書きは「記念献金」とします。

 

また、牧師個人には、

自宅などへ足を運んでもらった場合は「お車代」をお礼として包みます。

 

瓜破斎場についてはこちらから
瓜破斎場TOPへもどる