Pocket

祈りの場は教会が中心

キリスト教の信者は、

カトリックもプロテスタントも、

祈りの場は教会が中心です。

キリスト教 壇

仏教の仏壇に当たるものは、

家庭祭壇や家具調祭壇になりますが、

祀り方に特に決まりはありません。

 

祭壇には、故人の俗名や洗礼名を記す位牌や香炉、

燭台などを置くことが多いようです。

 

また、祭壇を設けず、

タンスなどの上に遺影と花瓶、

十字架を飾るだけの人もいます。

 

カトリックの場合、

日曜日には教会でミサが行われ、

キリストや聖母マリアをはじめ、

多くの殉教者へ祈りを捧げます。

 

また、家庭祭壇では、

日々、神、両親、先祖への感謝と尊敬の気持ちを表します。

 

さらに、毎日の食前の祈り、

就寝前の祈りも大切にしています。

 

プロテスタントの場合は、

家庭では、朝と夕方、

聖書を中心に祈りを捧げています。

手元供養セット

無宗教式の日々の供養

無宗教の場合でも、

家族が、日々故人を偲び、

語りかける場として、

祭壇とまではいかなくても、

それなりのスペースをつくり、

祈りを捧げたいものです。

 

また、故人を偲んで自宅に友人・知人が訪ねてくるとともあるでしょう。

 

そんなとき、

やはり手を合わせてもらえる場所を作っておきたいものです。

 

仏壇・仏具店には、

宗教にこだわらない人のための祭壇を用意している店もあります。

 

お手元供養

亡くなった方をいつも身近に感じたい、いつも近くにいて見守って欲しい。
大切な人を亡くされたご家族の正直な気持ちではないでしょうか。

でも、現代の生活スタイルが変化するにつれて、

それが適わない、それでは満足できないという方が増えています。

 

こういった声に応える形で生まれてきたのが手元供養で、最愛の方の遺骨を身近に置くことで、心のよりどころとなり、
手を合わせ、或いは握りしめ、故人を偲び、語りかける自由なかたちの供養です。
「仏壇は置けないが大切な人を身近で偲びたい」、「遺骨をお墓に納骨すると一人になり淋しいので、一部を身近に置いていたい」 といった方々の「故人を想う心」を癒す、新しい供養の方法といって良いでしょう。

 

瓜破斎場TOPへもどる