Pocket

先祖の霊が戻ってくる期間

一年に一度、

亡くなった人の霊が戻ってくるとされる

「お盆」(正式には孟蘭盆) の行事は、

一般に8月13日~16日に行うところが最も多いようですが、

旧暦の7月13日~16日(2009年は新暦で9月1~4日)、

新暦の7月13日~16日など、

地域によっていろいろです。

お盆のナスとキュウリ

お盆の最初の日を迎え盆(お盆の入り) 、

最後の日を送り盆(お盆の明け) といいます。

 

お盆を迎えるにあたっては仏壇・仏具を掃除し、

迎え盆の前日に精霊棚(盆棚)を設け

(浄土真宗は作らないてお供え物をします。

 

最近は住宅事情もあり、

精霊棚を作らずに仏壇の棚に供えることもあります。

 

迎え火と送り火を焚く

日日(迎え盆) の夕方、

庭先や玄関先で先祖の霊が迷わないように、

オガラ(麻の皮を剥いた茎の部分のこと)で迎え火を焚きます(宗派によっては行わない) 。

地域によっては墓参りをして、

盆燈寵に火を灯し、

先祖の霊を迎えるところもあります。

お盆の聞に僧侶を自宅に招いて読経してもらい、

同日(送り盆) の夕方には、

迎え火と同様にオガラを焚いて(送り火)、霊を送ります。

お供え物は、

以前はお盆が終わったあとに川や海へ流す、

精霊流しや燈篭流しが行われていました。

しかし近年は環境問題から、

菩提寺に納めたり、

送り火の時に燃やすことが多くなりました。

送り火 燈篭流し

新盆の迎え方

故人が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆または初盆といいます。

故人が霊となって初めて帰ってくるので、

ほかのときよりていねいに供養するのが普通です。

 

僧侶を招いて読経をしてもらい、

親戚や知人・友人を招いて精進料理でもてなすのが一般的です。

 

僧侶へは「お布施」と「お車代」を包みます。新盆の場合、

お布施は1~2万円が目安で、

食事を辞退されたら「御膳料」(5千~1万円)を包みます。

 

なお、七七日(四十九日)の忌明け前にお盆を迎える場合は、

新盆は翌年になります。

瓜破斎場TOPへもどる