Pocket

彼の岸に渡るために精進し、努力する期間

お彼岸は彼岸会ともいい、

年に2回、春と秋にあります。

 

春は春分の日を挟んで前後3日ずつ、

秋は秋分の日を挟んで同じく前後3日ずつの、

それぞれ7日間です。

 

お彼岸の7日間のうち、最初の日を「彼岸の入り」、

真ん中の日を「中日」、

そして終わりの日を「彼岸の明け」といいます。

 

彼岸とは、

インドのサンスクリット語の「パーラミーター」(波羅蜜多)を訳した言葉で、

彼の岸、つまり仏の世界(浄土) へ到達するという意味です。

 

要はお彼岸は、

此岸(現世)から彼の岸に渡るために精進し、

努力する期間ということになります。

秋の彼岸

 

お彼岸にすること

お彼岸には特に決まった行事はありません。

一般には家族でお墓参りに出かけることが多く、

お墓や仏壇には季節の花やだんご、

ぼた餅、おはぎなどを供えます。

 

寺院ではこの期間、法要が営まれます。

お墓参りに出かけた際は、

先に本堂の本尊像にお参りしてから、

お墓に参りましょう。

 

住職へのあいさつも忘れずにします。

 

初彼岸の場合

故人が亡くなって初めての彼岸を初彼岸といいます。

法要を営む必要はありませんが、

通常の彼岸より手厚く供養したいものです。

 

彼岸の入りの前までに仏壇や仏具を掃除し、

花や果物などの供物を供えます。

彼岸の中日には彼岸だんごを供え、

線香を焚きます。

 

できれば僧侶を招き、

読経してもらいたいところですが、

招かない場合でもお墓参りへは必ず行きましょう。

 

お墓には故人の好きだったものを供え、

供養します。

 

瓜破斎場TOPへもどる