Pocket

墓石建立の流れ

墓所を購入したら、

いよいよお墓を建てる算段に入ります。

 

まず、大体の予算を考え、

石材店を選び、担当者と予算やデザイン、

完成希望日などを打ち合わせします。

墓石店 打ち合わせ

石材店からの墓地の設計図、

見積書をチェックし、

納得したら契約します。

 

墓石に刻む文字を検討し、

その決定を石材店に知らせます。

 

費用は、

工事着工時に全額の一部を入金するよう

依頼されることがあります。

 

工事が完了すると、

お墓をチェックし、

希望どおりの出来映えであれば、

了承して引き渡されます。

 

そして、費用の残りを支払います。

 

お墓が完成したら、

開眼供養を行います。

 

予算は

お墓を建てるときには、

永代使用料(墓所を購入するときに必要)、

年間管理料、墓石建立費、

開眼供養費がかかります。

 

開眼供養と同時に納骨するときは、

お布施も必要です。

 

寺院の墓地に新たに建てるときは、

入檀家志納金(5~10万円が目安)といって、

檀家になるための費用もかかります

(永代使用料に含まれていることもある)。

 

確実に必要な、水代使用料、管理科、

開眼供養費(納骨式の供養費なども)を差し引いて、

墓石にどのくらいの金額が残せるか考えましょう。

 

石材店を選ぶ

石材店には、

お墓の補修や開眼供養、

納骨式(納骨堂の開閉時)のときにもお世話になるため、

経営が安定し、実績のある、

信頼関係が築ける店を選びたいものです。

 

民営墓地や寺院墓地などでは、

何軒かの石材店が指定されていることがあります。

 

その場合は、指定の石材店を数軒訪ね、

店や担当者の雰囲気・相性、

価格などを比較・検討して選びます。

 

実際にその店が建立したお墓を見せてもらうのもいいでしょう。

 

指定がないときは、知人の紹介や、

広告チラシ、

インターネットなどを参考に探します。

 

お墓の形はいろいろ

お墓の形は、大きく和型、洋型、

デザイン型に分けられます。

 

和型は、仏式のオーソドックスなタイプで、

五輪塔を簡略化したものです。

 

つまり、仏教的な意義がある形です。

 

洋型は、

キリスト教式のお墓に使われているもので、

一般的にオルガン型と呼ばれ、

横が幅広く、高さが低いため、

明るい雰囲気になります。

 

最近は仏式、無宗教式でも好まれるようになり、

和型に迫る勢いで増えています。

お墓参り 家族

デザイン型は、

希望により自由自在に形をデザインしたもの。

 

初年代後半から、

ニーズの多様化により登場してきました。

 

趣味を反映して碁盤の形にしたり、

宇宙をイメージしてロケットの形にしたり、

乗り物の形にしたりと、

故人の生き方や思いが伝わります。

 

費用は通常よりは

2割程度高くなるようです。

 

石材を選ぶ

お墓に使用される石は数百種類にも上ります。

 

墓石にふさわしい石とは、

硬度が高い、水分の吸収が少ない、

傷やムラがなく模様が均て磨くと光沢が出る、

などです。

 

特に墓石は屋外で目差しゃ雨風にさらされるので、

耐久性を考えなければなりません。

 

水分の吸収が大きいと、

後々劣化して崩れてしまったり、

文字が見えにくくなったりします。

 

また、その土地の気候・風土に適したものを

選ぶことも大切です。

 

いずれにせよ、

石に詳しい専門家のアドバイスを参考に、

色、形、質感などをイメージして、

希望になるべく近いものを選びたいものです。

 

墓石の石自体の価格は、

材質・産地・等級など、また、

墓石の大ききゃ形状によってさまざまです。

 

基本的には耐久性、

石の希少価値、石の流通量、

囲内産・外国産などによって価格が決まります。

 

囲内産のほうが外国産よりも高価です。

 

なお、墓石には石自体の価格に、

加工料、付属品料、

据えつけ料がかかります。

 

文字の刻み方

墓石に刻む文字や書体に決まりはありません。

 

しかし、

一度彫ってしまったものを彫り直すことはできないので、

よく考えて決めましょう。

 

和型の家族墓でよく見られるのは、

正面に「OO家之墓」と彫られたもの。

 

側面や裏側には、

埋葬者の戒名や俗名、没年、

享年を刻みます。

 

あるいは、これらは墓石の横に墓誌を建て、

そこに刻むこともあります。

 

建立者や建立年月日は墓石の裏側に刻みます。

 

開眼供養

新しいお墓が完成したら、

まず開眼供養(開眼式)を

行います。

 

「御霊入れ」「入魂式」ともいい、

僧侶の手により、

お墓に魂を入れてもらう儀式です。

開眼供養

お墓は建てただけではただの石に過ぎず、

この儀式をして初めて礼拝の対象になるのです。

 

費用は僧侶へのお礼として

「お布施」

(3~5万円、寺院墓地なら10~15万円の場合も)が必要。

 

墓地に出向いてもらった場合は、

「お車代」として5千~1万円を包みます。

 

お墓の完成とともに納骨を行う場合には、

納骨式も含めた法要を行いますから、

それも合わせた「お布施」(5~10万円)を包みます。

 

また、

納骨の際に石材店に来てもらう必要があるときは、

納骨代として1~3万円を支払うのが通常です。

 

あらかじめ石材店に費用を確認しておきます。

 

開眼法要を行う時期は、忌明けや年忌法要、

お設やお彼岸などの仏事に合わせることが多いです。

 

生前墓(寿陵易pm)の場合は、

お骨がありませんが、

お墓が完成した時点で行います。

 

なお、開眼供養の方法や名称は、

宗教・宗派によって異なります。

 

瓜破斎場TOPへもどる