Pocket

お墓の将来を考える

わが国には、

「墓地埋葬等に関する法律」

(墓地埋葬法)という法律があり、

死亡したら火葬され、

埋葬許可証をもらい、

墓地に埋葬されることになっています。

 

つまり、基本的には誰でも、

最後にはお骨となってお墓に眠ることになります。

 

ですから、どのような形であれ、

必ずお墓は必要です。

 

しかし、近年は、

さまざまな理由から

「お墓はいらない」

と考える人も出てきました。

お墓

そして、

散骨という手段を選ぶ人も増えています。

 

それでも、

お墓を必要と考える人は多数です。

 

そこで、

お墓が必要な人がお墓を建てようとするとき、

まず考えなければならないのは、

自分の死後、

お墓をどうするかということ。

 

子どもに承継するのか、

あるいはいずれは

無縁墓になってしまう可能性が高いかです。

 

後者の場合は、

永代供養墓に改葬できるシステムのある寺院や霊園を選ぶか、

初めから永代供養墓にするべきでしょう。

 

お墓を建てる時期

お墓を建てる時期に決まりはなく、

いつ建てても自由です。

 

しかし、

一般的に納骨は四十九日の法要時に行われるので、

これに合わせてお墓を用意したいところです。

 

それが無理な場合は、

これまでの仏教的慣習では四十九日、

百箇日、一周忌、三回忌などの法要に合わせて

建てられることが多いようです。

 

法要と同時に建立したお墓の開眼供養を行えば、

何度も親戚・縁者を招かなくてすみます。

 

すでに墓所を確保している場合は

お墓の完成が四十九日までに間に合うかもしれませんが、

墓所を入手するところから始める場合は、

忌明け(四十九日)までに墓所を購入し、

お墓を建てるのは、

時間的にも金銭的にも大変なことです。

 

百箇日、一周忌、

遅くとも三回忌までにはお墓を建て、

供養するようにしたいものです。

 

お盆やお彼岸などの

仏事に合わせるのもいいでしょう。

 

生前墓を建てる

亡くなってから四十九日以内にお墓を購入し、

建てるのは、残された人にとっても大変なので、

迷惑をかけないようにと生前に自分の墓地を買って

お墓を建てる人も増えています。

 

また、生前墓の場合は、

自分の希望通りのお墓にすることができます。

 

仏教では、

生前にお墓を建てることを

「予修」といい、

その墓を

「寿陵」といいます。

 

寿陵を建てると長生きするなど、

縁起の良いこととされています。

 

生前墓の墓石には、生前戒名

あるいは俗名を刻み、

朱色に塗っておき

亡くなってから黒く塗り替えます。

お墓参り2

ただし、

公園墓地の中には

埋葬しべき遺骨がないと

お墓を所得できないことがあるので

確認しておきましょう。

 

瓜破斎場TOPへもどる