Pocket

お墓は使用権を取得して建てる

お墓は、

墓地の所有者から区画を借りて墓石を建て、

故人を供養するものです。

 

「お墓を買う」といいますが、

家を建てる土地を所有するために「買う」のとは異なり、

「墓地の使用権を取得する」というのが正しい意味あいです。

瓜破斎場 お墓

利用者は契約時に、

墓地の使用料として永代使用料を支払います。

 

永代使用料を完納すると、

墓地の使用許可証が交付されます。

 

一度、墓地使用権を取得すると、

お墓の承継者がいるかぎり

代々受け継ぐことができます。

 

ただし、

利用者は墓地使用権を持っているだけなので、

借りた墓地をほかの人に売ったり、

貸したりすることはできません。

墓石店 打ち合わせ 瓜破斎場

 

お墓を建てる時期

お墓を建てる時期に決まりはありませんが、

これまでの仏教的な慣習では、

四十九日、百か日、一周忌、

三周忌などの法要に合わせて建てられてきました。

 

もっとも、

亡くなって四十九日後にお墓を完成させるのは、

かなり大変です。

 

墓地探しゃ建墓には時間や費用、

手間もかかりますから、

あせらず、一周忌、三周忌を目標に取り組みましょう。

 

遺骨は、納骨堂の一時預かりを利用し、

供養することもできます。

 

費用は総合的に考える

お墓を建てるのにまず必要な費用は、

墓地を取得するための永代使用料です。

瓜破斎場 お墓

公営墓地と民営墓地では、

公営のほうが安いのですが、

その中でも都心ほど高くなるなど地域性があります。

 

改葬などで墓地を返還することになっても、

納めた永代使用料は返金されないのが一般的です。

 

公営墓地は永代使用料が安く、

自治体の運営という安心感があるので、

人気があります。

 

しかし、区画面積が広いところが多く、

その分、墓石建立の工事費がかかります。

 

そうなると、

逆にこぢんまりした民営墓地のほうが、

結果として安く収まる場合も考えられます。

 

費用は、総合的に考える必要があります。

瓜破斎場 お墓

 

お墓を建てるのに必要な費用

お墓を使用するには、

永代使用料のほかに、

墓地の公共部分を管理するための年間管理料を

管理者に支払う必要があります。

 

これは毎年納めるもので、

滞納すると、使用権が取り消され、

無縁墓として整理されることになります。

 

費用の中で大きな割合を占めるのが墓石建立費です。

 

石材店によっては、

「墓石建立費一式」として、

墓地の永代使用料と墓石、

建墓費用をセットにして、

売り出しているところもあります。

 

お墓の建立後には、

お墓に魂を込める開限法要や

納骨式などの費用もかかります。

 

墓地を受け継ぐとはどういうことですか?
受け継ぐ人はどういうふうに決めますか?

 

お墓を受け継ぐことを「承継する」といいます。

受け継ぐ人を「祭記承継者」と呼びます。

承継者は、年間管理料を支払い、

墓地、墓石の維持、管理をします。

また年忌法要などを行う役目を担います。

承継者は次の順で決まります。

 

①亡くなった人の指定。血縁者や親族でなくてもかまわない。

②慣習により決定。長男や配偶者がもっとも多いが、それ以外の身内が承継することも。

③家庭裁判所に調停審判の申し立てをし、承継者の決定をゆだねる。

 

生きているうちにお墓を買っておきたいのですが。

 

生前に建てるお墓を「寿陵」といいます。

長寿を願う風習として、

昔、中国から伝わったものです。

最近では、子どもに負担をかけたくないという人や、

寿陵には相続税や固定資産税がかからないことから、

節税のためにという人が、

生前に建墓するケースが増えてきました。

 

民営墓地なら、生前から墓地、

墓石を準備することは容易ですが、

公営墓地では、

手元に遺骨のある人を優先的に募集しているため、

生前契約の枠が少なく、

難しくなっています。

 

また、ほとんどの墓地では、

取得後数年以内に建墓しなければいけないなどの

規約もあリます。

 

瓜破斎場TOPへ