Pocket

誰がお墓の承継者になるか

お墓の持ち主

(永代使用権を取得した人)が

亡くなったときは、

誰かがこれを引き継ぎます。

 

民法では、お墓は相続財産ではなく、

祭把財産として区別されています。

 

つまり、「お墓を相続する」とは言わず、

「お墓を承継する」と言います。

お墓 承継

祭杷財産の場合、

祭記主宰者(お墓などの祭杷財産を管理したり、葬儀の喪主を務める人)が承継します。

 

祭杷主宰者になれる人、

つまりお墓の承継者は、

第一に、これまでの主催者(亡くなったお墓の持ち主)が

指定した人になります。

 

ただし、法律上は、

親族に限られているわけではありません。

 

この承継人の指定は、

遺言書でも、

口頭でもできます。

 

第二は、

遺言などで指定がされていなかったときで、

慣習によってお墓の承継人が決まります。

 

一般的には長男または配偶者が

承継するケースが多いようですが、

それ以外の人が承継者になるときは、

家族や親族同士で話し合って決めます。

 

第三は、承継者の指定もなく、

話し合いでも決まらないときで、

家族の申し立てにより

家庭裁判所が調停

または審判で決めることになります。

 

他人でも承継できるか

承継者として持ち主が指定した人が他人だった場合、

寺院墓地は、

檀家との結びつきを重視するために

承継者として認める範囲が限られていることが多いので、

他人が承継者の場合は寺院に相談してみましょう。

 

民営墓地は他人の承継が

可能であることが多いのですが、

公営墓地は、

承継者の範囲を

「6親等以内の血族、配偶者、3親等以内の姻族」

などの規定があります。

 

最近は、

子どもがいないために承継者がいないケースも多く、

寺院や霊園は永代供養墓を用意し、

承継者がいなくても墓地が継続する限り

供養・管理するようになりました。

お墓 寺院管理

永代供養とは

永代供養とは、

子々孫々まで先祖を供養することですが、

現在は、お墓などの管理や供養を

寺院・霊園などに任せることを指すようになっています。

 

そして、寺院や霊園が存続する限り、

半永久的に供養・管理してくれます。

 

永代供養にすると、

お墓参りや法要をできない人に替わって、

寺院や霊園が供養・管理してくれます。

 

お骨を納めるお墓の種類はいろいろですが、

骨査のまま納骨堂などに納める場合は、

一定期間(十三、十七、三十三回忌ないと)のあとに合記され、

供養されるケースが多いようです。

 

費用は、

契約時に払う永代供養費のみというのが

一般的です。

 

宗教・宗派については、

檀家になることが条件という寺院を除いては

基本的に制限はありません。

 

瓜破斎場TOPへもどる