Pocket

改葬とは

少子化や、

親と子の生活圏離れ傾向に伴い、

お墓を移動して供養したいと考える人が増えています。

 

このように、

お墓の場所を他所に移すことを改葬といいます。

 

つまり、お墓の引っ越しです。

お墓の引っ越し

また、お墓の場所は家から近くても、

山の上にあり、

水やお花を持って上がるのが大変という場合や、

両家墓にしたいなどの理由で改葬を考える人もいるようです。

 

改葬に必要な手続き

寺院の墓所からの改葬にあたっては、

改葬の事情をお寺にきちんと説明し、

理解を求める必要があります。

 

お寺にとって、

改葬は「檀家が離れる」ことになるため、

快く思わないこともあります。

 

今までの感謝の気持ちも伝えるようにしましょう。

 

改葬にあたっては、

面倒な事務手続きが必要になります。

 

まず、

旧墓地のある役場で

改葬許可申請書と埋葬証明書を入手します。

 

この申請書は、遺骨一人分につき1枚必要です。

 

三人分の遺骨があれば、

3枚必要になります。

 

そして、

埋葬証明書を旧墓地の管理者(寺院など)に提出し、

署名・押印してもらいます。

 

次に、

元の墓地管理者の書名・押印をもらった埋葬証明書、

必要事項を記入した改葬許可申請書、

新しい墓地が発行した墓地利用許可書と受け入れ証明書を揃えて、

旧墓地のある役場に提出し、

改葬許可申請書に許可の抑印をもらいます。

 

これが改葬許可書になります。

改葬許可証

これも遺骨一人分につきl枚発行されます。

 

いよいよ遺骨の移動となります。

 

現在埋葬してある遺骨を取り出す前に

「御魂抜き」の儀式(閉眼法要)を行ってから遺骨を引き出し、

更地にする工事に取りかかります。

 

新墓地へは、

旧墓地のある役場からもらった改葬許可書を提出し、

納骨の日時を決めます。

 

そして、新しいお墓で納骨式を行います。

 

瓜破霊園

 

改葬に必要な工事

まず、移転先の墓地を決めて購入し(永代使用権を得る)

移転先の墓所工事を依頼する

石材店を決定します。

 

と同時に、

既存の墓所の撤去を依頼する石材店を決めます。

 

既存の墓所の場合は、

そのお墓を工事した石材店に連絡するといいでしょう。

 

移転先には新しくお墓を建てるので、

その手順を参考にしてください。

 

既存の墓所は、

更地にして管理者に返すための工事をしてもらいます。

 

墓石も移動するとき

今まで使っていた墓石を、

改装後も使用する場合は、

新しい墓所に合うサイズかどうかを

確認する必要があります。

 

また、

古い墓石が運搬に耐えられるかどうかも

調べる必要があります。

 

石材店に見てもらって判断してもらいましょう。

 

Q&A

墓相とは

改葬するので新しいお墓を建てようと思うのですが、

墓相というのはありますか。

 

 

墓相は易学の一種で、

本来、中国の風水思想から生まれた統計学です。

 

墓地を選定するための占いのようなもので、

流派もいろいろですから、

吉相とされる墓もそれによって異なります。

 

日本の墓相は、

お墓の外形(相)から吉凶を占うことが多く、

吉相のお墓は子孫に幸運を、

凶相のお墓は災いをもたらすとされます。

 

しかし、あくまで明確な規定はなく、

墓相を取り入れないから悪いということはありません。

 

また、

地減や宗旨宗派によっても

さまざまな言い伝えがああります。

 

たとえば、

「お墓の見える場所に家を建てるのは縁起が悪い」とか、

「日当たりの悪いお墓は家が衰退する」など。

 

どれも一つの考え方であり、

科学的根拠はありません。

 

要は、

お墓の持ち主か気になることは

できるだけ解消しておきたいものです。

 

 

墓石の移動も石材店に依頼します。

 

葬儀については

瓜破斎場TOPへもどる