Pocket

基本的には誰でも入れる

先祖代々のお墓には、

どこまでの関係の人が入れるのでしょうか。

 

基本的には誰でも入れます。

 

法律的には特に決まりはないので、

墓地の管理者は、

正当な理由がない限りは、

永代使用権を持つ人が認めた人を

お墓に埋葬することを拒むことができないのです。

 

正当な理由の一つに、

個々の墓地が定めた管理規則があります。

お墓掃除

この中に、

埋葬される者の制限も規定していることがあります。

 

その制限は、親族に限るという場合が多いようです。

 

また、親族に準ずる者として、

婚姻関係のない内縁の妻なども許可するところもあります。

 

もちろんこの場合も、

永代使用権を持つ人の承諾が必要です。

 

長男が引き継ぐのが一般的

一般的には、

先祖代々のお墓は長男が引き継ぎ、

それ以外の家族(兄弟) は

新たにお墓を購入することが多いようです。

 

そのため、

近年増えてきた独身女性や次男以下の独身男性は、

代々のお墓に入らず、

自分で新たにお墓を購入することを考える人が増えています。

 

その場合も、

後々お墓を供養する人がいないことから、

永代供養墓を選択する人が多いのが実情です。

 

Q&A

音信不遇だった父(長男)が亡くなりました。

父の弟は、勝手をした父を代々の墓に入れたくないと主張しています。

父は代々の墓に入れませんか。

 

お墓に入れられるかとうかは、

家族墓(代々墓)の永代使用権を

誰が持っているかが問題となります。

 

使用権を父の弟である叔父が持っているのなら、

叔父の承諾なしに納骨することはできません。

 

しかし、使用権を別の人、

たとえば祖母が持っていて、

祖母が承諾してくれるならば、

叔父がいくら反対しても、

納骨することができます。

 

亡くなった父が使用権を持っている場合は、

その使用権は父の子どもが承継することになると思うので、

子どもが納骨を了承すれば問題はありません。

 

関連記事

瓜破斎場 家族葬

瓜破斎場TOPへもどる